日本赤十字社 伊達赤十字病院

文字サイズの変更

Japanese Red Cross Society

病院案内

トップページ病院案内>院長あいさつ

院長あいさつ

伊達赤十字病院長 武智 茂

院長あいさつ
伊達赤十字病院へのホームページにアクセスして戴きまして、有り難うございます。当院は北海道伊達市に昭和15年に開設され、以来胆振西部地域の中核病院として、日々この地域へ良質の医療サービスを提供しております。また全国92病院ある日本赤十字社管轄の病院の一施設として、通常の基幹病院としての医療活動の他に、人道的見地からの医療活動をも行っているのが特徴です。
当院は地域センター病院であり、また二次救急指定病院ですので365日、24時間体制の一次、二次救急医療を展開することで、急性期医療に対応しております。また僻地医療拠点病院にも指定されていることから、この地域の多くの住民の方々に良質の医療を提供出来ますように活動しております。
近年日本各地で多くの災害が発生しております。その都度当院からも積極的に災害救護活動を行っております。有珠山噴火災害、奥尻島の津波被害、阪神淡路大震災への出動。記憶の新しいところでは平成23年3月11日の東日本大震災の際に、3月14日に第一班の救護班が岩手県釜石市に道支部からの指示でいち早く出動し、救援活動を開始致しました。この救護活動は最終的に第6班まで継続しております。災害救護活動に関して、当院は二つの救護班を有し、またDMATも編成されております。災害拠点病院にも指定されており、通常の病院活動とは別に、赤十字活動を行っていることが御理解されるものと思います。
その他に看護専門学校の運営、人工透析センター、健診センター、訪問看護センター、精神科デイケアー、障害者病棟、療養病棟等を有することで多種多様な医療ニーズに対応出来る体制をとっております。
このような多岐にわたる診療内容を有する病院ですので、職員一同日々自己研鑽につとめており、結果的に地域の皆様に良質の医療を還元出来るようにと努力しております。地方の中規模の病院ではありますが、皆様に愛され信頼される地域の病院をめざしてまいりたいと思います。また臨床研修病院でもありますので、今後、私たちと一緒にこの地域での医療活動を希望される方の来院を心よりお待ちしております。

伊達赤十字病院 院長 武智 茂

スマートフォンサイトへ