日本赤十字社 伊達赤十字病院

文字サイズの変更

Japanese Red Cross Society

お知らせ

トップページお知らせ>臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について

臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について

  •  伊達赤十字病院検査部では、質の高い臨床検査を提供するために臨床検査の精度管理、医療従事者の教育、新しい検査方法や試薬、検査機器の検討などの取り組みを行っております。
  •  これらの取り組みは、臨床検査に使用した患者さまの検体の残り(残余検体)を再利用させていただくことにより継続して行うことが可能となります。なお、残余検体の再利用にあたっては、「臨床検査を終了した検体の業務、教育、研究のための使用について(日本臨床検査医学会の見解)を遵守したうえでおこないます。
  •  下記内容をご確認のうえ、患者さまのご理解・ご協力をよろしくお願いいたします。

 

  • 【対象】
  •  当院にて臨床検査を実施した後の残余検体(血液・尿・体腔液・組織など)の一部
  • 【倫理的配慮について】
  •  臨床検査後の廃棄予定残余検体を使用するため、患者さまの生命・健康に直接影響を及ぼすことはありません。また、個人情報は全て匿名化し外部に漏れないよう管理いたします。
  •  研究成果は、医学の発展のために学会や論文などで発表させていただくことはありますが、その際も個人が特定される情報は全て削除いたします。
  • 【再利用の承諾について】
  •  残余検体の再利用を承諾するか否かは、患者さまご自身の意志で、自由にお決めいただけます。ご承諾いただけない場合は、お手数ですが、臨床検査室(お問合せ先)もしくは生理機能検査受付までお申し出ください。お申し出が無い場合は、ご承諾いただいたと判断し、残余検体を再利用させていただきます。
  •  なお、承諾の可否が、診療内容に影響することはなく、ご協力いただけない場合でも決して不利益が生じることはございません。また、承諾の可否はいつでも変更することができます。

 

  • 【お問合せ先】
  •  伊達赤十字病院 検査部
  •  担当者:竹浦 渉(臨床検査課長)
  •  電話:0142-23-2211(内線)353