日本赤十字社 伊達赤十字病院

文字サイズの変更

Japanese Red Cross Society

臨床研修医募集

トップページ臨床研修医募集>総合病院伊達赤十字病院卒後臨床研修プログラム

総合病院伊達赤十字病院卒後臨床研修プログラム

 1 プログラムの名称

伊達赤十字病院卒後臨床研修プログラム

 2 管理運営体制

責任者は伊達赤十字病院長で、研修終了認定者とする。
管理運営の実務は研修管理委員会が行い、委員長は院長とし、プログラム責任者を兼ねる。委員は各診療科の代表(指導医)、研修協力施設の研修責任者及び事務部門責任者等で構成し、研修プログラム及び研修計画等の企画・立案・実施を行うとともに、研修プログラム及び研修医の全体的な管理、評価を行う。

 3 研修プログラム

(1)プログラムの目的と特徴
研修医が医師として第一歩を踏み出すにあたり、医師としての人格を涵養し、患者の心理的・社会的側面を考慮した全人的医療を身につけると共に、一般的な診療において頻繁に関わる外傷・疾患に適切に対応できるよう、プライマリ・ケアを中心とした基礎的知識・技術態度などの基本的診療能力を身につけることを目的とする。この目的を達成するため、地域性と当院の特徴を生かし、伊達赤十字病院卒後臨床研修プログラムによる研修とし、1年目:内科9ヶ月、選択必須2ヶ月、救急1ヶ月、2年目:地域1ヶ月、自由選択11ヶ月を準備し、研修で最大の自由研修が出来るよう設定している。

(2)研修目標
本プログラムでは、厚生労働省より提示された「臨床研修の到達目標」に準拠した共通研修目標及び各診療科における研修目標を作成し、2年間のローテーション研修で達成出来るよう計画されている。

(3)プログラム責任者
臨床研修プログラム責任者職氏名:副院長 佐 藤 正 文

(4)研修方式等

① 研修プログラム

研修プログラム

研修目標を達成するために以下に示す如く、2年間のプログラムを作成した。

 4月5月6月7月8月9月10月11月12月1月2月3月
1年目オリエンテーション 内科(循環器・神経内科・消化器)(救急2ケ月含む)選択必修救急
2年目地域医療自由選択

注.1年目、2年目ともローテーション順は個別調整。

<必須科目>

1年次(基本研修科目)
選択必修科(外科、麻酔科、小児科、産婦人科、精神神経科)2科を選択し必修とする。

<研修期間>

1年次
○ 最初の4日間はオリエンテーションを行う。
○ 内科の研修期間は9ヶ月とし、内科・消化器科、循環器科、神経内科を研修する。
○ 救急部門は、2次救急指定病院である当院救急外来で行なう。
日中帯は、どの科で研修していても、各科の救急担当医が呼ばれた時、同行し研修する。内科9ヶ月の研修期間は毎週1回、10時から22時まで救急研修に割当てる。最後の12ヶ月目は、日勤対の救急を上級医の指示のもと初期対応を行なう。

2年次
○ 2年次の11ヶ月間を自由選択期間とする。基本研修・必須研修科目を通して不充分であった研修部分の補完に役立てても可。

<選択科目>

① 内科・消化器科、神経内科、循環器科、外科、整形外科、精神神経科、麻酔科小児科、産婦人科、耳鼻咽喉科、救急医療
② 救急医療
救急医療研修は、2次救急指定病院である当院救急外来で行う。1年次は、上級医に同行して行い、2年次は、上級医、指導医のOn Call体制下に担当し行なう。そこで、1次・2次救急の各種一般的救急疾患について十分な研修が出来る。
③ 研修指導体制
各診療科に最低1名以上の指導医を置き、うち1名を責任者とする。
責任者は、各診療科のプログラム作成、研修実施、研修終了項目のチェック、評価表の作成を行なう。

(5)研修の評価と終了認定

① 研修の評価と終了認定
研修医は研修手帳により自己の研修内容を記録、評価する。
指導医は研修の全期間を通じて研修医の観察・指導を行い、目標達成状況を把握し評価を行なう。2年間の全プログラム終了時に研修管理委員会において目標達成度、指導医等による観察結果を総合した総括評価が行なわれ、修了者には病院長から研修終了認定書が交付される。
② 指導医、診療科、研修プログラムの評価
研修終了後、研修医による指導医・診療科(部)、研修プログラムの評価がおこなわれ、その結果は指導医・診療科(部)にフィードバックされる。
③ 研修プログラムの自己点検・評価
研修プログラムが効果的かつ効率よく行なわれているかについて定期的に研修管理委員会が中心となって自己点検・評価を行う。

 4 臨床研修協力施設

名 称研修分野研修病院・施設研修期間研修実施責任者指導医名
小熊内科医院地域医療協力型臨床研修病院1ヶ月小熊 正人小熊 正人
野村内科循環器科野村 徳之野村 徳之
豊浦町国民健康保険病院能登屋 久志能登屋 久志
洞爺温泉病院三上 淳一岡本 拓也
研修内容
小熊内科医院

Ⅰ) 基本的な診療態度と問診・診察
①患者家族との人間関係の確立とニーズでの把握
②基本的な身体診察の修得
③基本的な臨床検査の手技の修得と結果解釈(採血、検尿、心電図、レントゲン撮影、スパイロメーター、腹部USG、胃・大腸内視鏡検査)

Ⅱ) 地域医療に対する関心(問題意識)を持っていただく事

野村内科循環器科 臨床診断・治療の実践
CT読影
心エコーの実践
GTFの実践
Holter心電図の解析
豊浦町国民健康保険病院

豊浦町は人口4,500人程度で漁業・農業を主体とした過疎の町です。豊浦町の人口年齢構成は50年後の日本の将来像を反映しているということで、先日、全国放送のニュース特集番組で取り上げられました。豊浦町国民健康保険病院は豊浦町で唯一の医療機関です。病院の規模が、一般病床60床・併設老健施設50床と小さいことと昨今の医療情勢から、医師2人体制が続いており、指導の為の特別な時間を割くことが出来ませんが、もし研修の依頼があれば主に見学と一部実践を兼ねて仕事を手伝っていただいて、その都度何か疑問点があれば質問していただくといったことを考えています。したがって特定のカリキュラムは想定していません。

主な医機器 : ヘリカルCT、一般XP撮影装置、血液生化学検査機器、ガス分析器、人工呼吸器、内視鏡(GF・CF・BF)エコー、透視台、高周波手術装置、リハビリ機械、心電計等

業務 : 外来(内科・小児科・外科・慢性疼痛などの整形外科・その他総合診療)、入院診療・往診診療(週1~2回)、幼稚園・保育所・小中学校検診・町民検診・予防接種事業・産業医検診など町の福祉事業への協力、併設老健施設・民間更生施設2・民間グループホーム1の基幹病院としての診療、その他依頼があれば民間養護老人施設3(主に入院加療)

洞爺温泉病院

(1)地域病院としての急性期医療
①地域住民の急性期治療及び専門的治療の必要性を判断する。
②近隣の施設(特養・老健等)入所患者の入院依頼に対して、初期診断及び治療を行う。

(2)地域病院としての慢性期医療
 ①急性期治療後の脳血管障害後遺症や廃用症候群の患者さんに対する慢性期リハビリの方向性を、リハビリスタッフと協力して計画する。

 ②特殊疾患療養病棟の、意識障害等に伴う寝たきり患者さんの 合併症予防と合併症対策を考える。

(3)緩和医療
①緩和病棟の末期癌患者さんの苦痛を和らげる緩和治療を行う。
②末期癌患者さん本人及び御家族への精神的支えをスタッフと共に考える。

 5 募集定員

1年次2名 、2年次2名

 6 研修医の処遇

伊達赤十字病院における研修期間の処遇については次のとおり。

身  分       常勤嘱託医師(研修医)
給  与       1年次55万円、2年次60万円 (月額税込み)
勤務時間       8時25分から17時00分まで
休  日       日曜日、祝日、土曜日、年末年始等
救急日当直      1年次 研修プログラム
           2年次日直=月1回、宿直=2週に1回程度
時間外勤務      勤務する場合がある
休  暇       1年目=就業後6ヶ月を超えて10日、2年目=11日
社会保険       健康保険・厚生年金・労働保険・労災保険、加入
宿  舎       あり (社宅料徴収) 病院内個室 : なし
健康保険       職員定期健康診断 年1回
医師賠償責任保険   病院において一括加入

 7 募集および選考方法

医師臨床研修マッチング協議会を通じ募集をしているので、これを利用して下さい。
また直接申込みされる場合は下記によるものとする。

応募先〒052-8511 伊達市末永町81番地
 総合病院 伊達赤十字病院(総務課人事係)
TEL 0142-23-2211 FAX 0142-23-5249
e-MAIL jrc.date@ninus.ocn.ne.jp
必要書類履歴書、医師免許証又は卒業見込み証明書、成績証明書、健康診断書。
選考方法面接により研修管理委員会が評価を行い、病院長が決定する。
応募締切毎年2月末日。
選考日応募者へ別途連絡する。
研修開始日4月1日。

 8 施設見学を希望される方

当院を見学希望の方は下記連絡先にお申込下さい。

当院では、医学生の方のご希望どおりの見学が提供できるよう、事前に以下のことをお聞きしております。お申込の際、必ずお知らせください。

① 氏名、大学、出身地

② 見学日、見学日数

③ 交通手段、出発地

④ 伊達市到着時間

・交通費

当院の見学スケジュールに該当する場合支給

連絡先 〒052-8511 伊達市末永町81番地
総合病院 伊達赤十字病院(総務課人事係)
TEL 0142-23-2211 FAX 0142-23-5249
E-mail jrc.date@ninus.ocn.ne.jp

スマートフォンサイトへ