日本赤十字社 伊達赤十字病院

文字サイズの変更

●Japanese Red Cross Society

外来受診される方

伊達赤十字病院 神経内科 卒後臨床研修プログラム

当院は、地域の中核病院であり,さまざまな神経疾患患者が集まってくる。
特に脳血管障害をはじめとした重篤な急性期神経疾患を重点的に研修が可能である。
又、高齢化率も高いため、神経変性疾患を含めた神経難病の診断、治療、在宅療養に至る地域に密着した神経内科を研修できる。

1 指導医

名 称医 師 名職 名卒 業 年学会認定資格等
指導医松岡 健神経内科部長 2001年
九州大学
日本認知症学会専門医・指導医
日本頭痛学会専門医、神経学会専門医、内科認定医

2 研修内容

  基本的な神経診察法、病巣部位決定、急性期脳梗塞の治療、急性期疾患の全身管理脳CT
脳MRI、MRA(脳、頚部)脳血流シンチ等の読影、脳波、頸部血管エコー

3 経験する主要疾患

意識障害、脳梗塞を中心とした急性期脳血管障害、痙攣発作、脳炎、髄膜炎

4 標準スケジュール

 午前午後
月曜日病棟回診外来業務
火曜日病棟回診外来業務
水曜日病棟回診、合同カンファレンス外来業務、障害者病棟合同回診
木曜日病棟回診外来業務
金曜日病棟回診外来業務、症例検討

業務中における救急患者対応、新患カンファレンスはその都度行なう。

スマートフォンサイトへ