日本赤十字社 伊達赤十字病院

文字サイズの変更

Japanese Red Cross Society

部門紹介

薬剤部

薬剤部のご紹介

薬剤部は現在、薬剤師7、技術員3の構成人員で業務を行っています。
業務の内容は主に①お薬の調剤をする調剤課②注射薬の払い出しや薬の購入、管理をする薬品管理課③特殊製剤、無菌製剤、抗がん剤などを調製する製剤課④お薬の情報を患者様や医療スタッフに提供する医薬品情報課に分かれています。
当院では基本的に外来患者様のお薬は院外処方を推進しており、患者様自身で選んだ調剤薬局にてお薬を受け取って頂くことになっております。かかりつけ薬局をもつことで、薬の飲み合わせによる副作用や重複投薬を防ぐことができます。
入院患者様には各病棟担当薬剤師がベッドサイドにて適正で安全な服薬ができるよう服薬指導を実施しています。また、チーム医療にも積極的に参加しており、緩和ケア、褥瘡ケア、感染対策(ICT)、医療安全などで薬剤師の専門性を発揮しています。
最近では、第三の医療と言われる在宅医療においても薬剤師の職能を生かし発揮していきたいと考えております。
患者様に安全に安心した薬物治療を受けてもらうため日々努力する所存です。

薬剤部スタッフ

薬剤部長 佐藤 卓
薬剤管理係長 徳光寿佳
調剤係長 野坂真弓
製剤係長 松尾佳学
薬品情報係長 金田光弘
薬剤師 増子美咲
技術員 和田和美
技術員 大友美知子
技術員 中村麻紀子

薬剤部業務紹介

《調剤課》
調剤課では、院内処方を受け付けてから、薬剤を調剤し患者様に交付、あるいは病棟へ払い出すことを業務としています。
私たちが処方箋を受け取った時から調剤業務は始まります。
まず処方箋を監査します。その処方に不備がないか、薬用量・用法が適切か、薬の組み合わせに問題がないか、配合変化はないか等を調べます。もし不備があれば担当医に問合せを行い、適切な回答ををもらいます。それから薬袋を作成し、錠剤やカプセルが処方されていれば取り揃えをしたり、1回分ずつ分包したりします。粉薬が処方されていれば秤量(粉薬を計る)し、混合して分包します。また、シロップ等水薬の調合をしたりもします。出来上がった薬は患者さんにお渡しする前に必ず正しく調剤されているか点検(投薬監査)しています。薬によっては別の薬剤師がさらに点検(ダブルチェック)する場合もあります。

《薬品管理課》

・薬品管理課の業務
Ⅰ 医薬品の購入(発注~入庫)
Ⅱ 医薬品の在庫チェック(入庫~出庫)
Ⅲ 医薬品の供給(出庫~施行)

これらの仕事を薬剤部薬品管理課、事務部調度課、(株)モロオ〔委託〕と連携して行っております。
特に重要なることは、各病棟・診療科への医薬品供給が欠品を起こすことなく、適切に行わなければならないため、日々支障を来すことのないよう努力しております。主たる業務は「注射薬」の払い出しです。

◎注射薬調剤〔個人別セット〕、☆定数配置薬、○セット定数管理薬、△臨時薬
各払い出し(供給)を円滑に行っています。
特に個人別セットは、患者様一人ひとりの注射薬の取り揃えを行うことにより、安全性を高めて供給しております。

《製剤課》
製剤課では主に院内製剤の調整と英領輸液剤(高カロリー輸液)・抗がん剤の無菌調整を行っています。
院内製剤とは、市販製品が無く、治療上必要とされた特殊な製剤のことをいいます。これには軟膏、消毒薬、検査薬、注射剤等が含まれます。
クリーンベンチ、高圧蒸気滅菌器などを所有しており、製剤の安全性、品質、効果を意識し取り組んでいます。

  • <クリーム剤の基剤を溶解させています>

  • <内視鏡検査で使用する薬剤を分離させています>

無菌製剤室にあるクリーンベンチでは高カロリー輸液を無菌的に調整し、質の高い栄養療法に貢献しています。全キャビネットでの抗がん剤の無菌調整により細菌汚染のない薬剤を提供することが可能です。また、造り手の側も抗がん剤の暴露から守ることが可能となっています。

  • <高カロリー輸液を調整しています>

  • <抗がん剤を調整しています>

《薬品情報課》
私の所属する薬品管理課は、その名の通り「薬に関する情報を扱う課」になります。現在は、医薬品情報の発信、薬剤部内の業務調査の取りまとめ、また、薬剤管理指導業務に携わるお仕事をしております。更には、調剤課、製剤課、薬品管理課以外の業務を行う、いわば「便利屋・何でも屋」的な一面もあり、例えば、学生の薬局内体験実習、または薬学生の病院実務実習のスケジュール管理やその指導、その他では薬に関する書籍の取り扱い、当院で採用している医療用医薬品の本を作成したりなどなど・・・カッコよくいえば、薬剤部における「特殊業務を遂行する部署」にでもなるのでしょうか・・・。

スマートフォンサイトへ