日本赤十字社 伊達赤十字病院

文字サイズの変更

Japanese Red Cross Society

部門紹介

検査部

血液検査

血液検査は血液中の白血球や赤血球の大きさや数、比率などを調べたり、血液が止まるのに関与する血液凝固因子などを 調べる検査です。
白血球や赤血球を調べることで、炎症の有無やその程度、また血液の不足度合いを把握するのにも用いられ、術中・術後の輸血の適応に重要な情報を提供してくれる検査といえます。
凝固の検査では、血液が止まりにくいのかどうか、また止まりにくいなら何が原因で止まりにくくなっているかを把握するのにとても有用な検査です。

生物学検査

患者様から採血された血液・尿・体腔液などから測定しています.当検査室の検査項目は生化学に加え、血中薬物濃度・感染症・甲状腺ホルモン・腫瘍マーカーなど多岐に及びます。
検査に要する時間は生化学・血中薬物濃度で約30分、感染症・甲状腺ホルモン・腫瘍マーカーを含めても1時間以内の迅速な報告を可能にしています。緊急検査項目に関しても24時間体制で迅速な報告が可能となっております。
また徹底した精度管理により、確実な生化学データを臨床に提供しています。

一般検査

一般検査部門では主に、尿や便の検査をします。尿検査では身体の中での代謝の異常や腎臓、尿路、膀胱の健康状態を調べます。
便検査では胃、腸など消化器での出血の有無、及び寄生虫を調べます。その他、髄液、腹水、胸水、関節液、精液などの分析もおこないます。

輸血検査

輸血検査部門では安全な輸血を行うため、臨床検査技師が24時間体制で夜間も輸血業務を行っています。業務内容はABO式やRh式の血液型を調べる検査、輸血後副作用で問題になる不規則抗体の検査、安全な輸血を行われるかの確認を行うための 交差適合試験などです。また血液製剤の管理も輸血検査部門で一元的に行っており、血液センターと協力して善意からなる 血液製剤を有効に使用するべく日々努力しています。

細菌検査

細菌検査部門では患者様から採取された血液、尿、喀痰など様々な検体を培養して、感染症の原因となる細菌を推定します。
それにより感染症診断や有効な抗菌薬の選択に必要な情報を臨床へ報告しています。

病理検査

病理検査は大きく2つに分けられます。

・病理組織検査
病理診断は病変の一部をほんの少し採取して検査をします(胃生検,肝生検、大腸生検など)。または治療を兼ねて手術に より病変組織を摘出することもあります。病理組織検査では、このようにして採取された,あらゆる人体臓器に対し、顕微鏡で観察することで最終確定診断をつける検査です。

・細胞診検査
細胞診検査の主な目的は悪性細胞、いわゆるガン細胞を見つけることです。検体としては尿、腹水、喀痰、など患者様にとってほとんど苦痛なく採取できるものや、病変に針を刺して細胞を採取してくるものなどがあります。細胞診標本は、標本作製技術の良し悪しが診断に大きく影響すると言っても過言ではありません。当病理検査部門では必要に応じて内視鏡室へ標本作成に出向くこともあり、診断精度の向上に貢献しています。

生理機能検査

生理機能検査部門では、心電図や呼吸機能検査、聴力検査など直接患者様と接して行なう検査を行っています。
心電図検査は心臓の働きや動きを調べる検査で、不整脈や狭心症、心筋梗塞などの診断に有用な検査です。
呼吸機能は肺活量の検査など、呼吸器・肺疾患の診断に有用な検査です。聴力検査では耳の聞こえの検査などをすることで、 難聴などの診断に有用な検査です。他にも脳波検査、誘発検査、視野検査などを行っています。

スマートフォンサイトへ