平成29年度 総合病院 伊達赤十字病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 156人 26人 52人 76人 78人 134人 537人 721人 813人 234人
 年齢階級別退院患者数は当院を退院した患者様を年齢階級別で集計したものです。
 当院は地域の中核病院として、幅広い年齢層の患者様の診療をしております。北海道がん診療連携指定病院、認知症疾患医療センター等の指定を受けていることからも、70歳以上の患者様の割合が62.5%を占める年齢構成となっております。
 また、当院は市内で唯一の分娩可能医療機関として低リスクの周産期医療も提供しており、0~9歳の入院が5.5%を占めている要因としては、出産後の小児科入院の影響もあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 19人 25.44日 20.83日 21.05% 81.79歳
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 17人 16.82日 12.34日 23.53% 82.47歳
0400801499x002 肺炎等 A-DROP スコア2 11人 16.55日 15.12日 9.09% 84.64歳
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上) 11人 24.18日 19.01日 36.36% 77.45歳
100070xx99x000 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 10人 11.83日 11.16日 0% 55.50歳
 当院内科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
 内科では誤嚥性肺炎(食べ物や唾液などが誤って食道ではなく気管に入り、肺に流れ込んだ細菌が繁殖することで起こる肺炎)が最も多く、腎臓または尿路の感染症(加齢に伴う膀胱の排尿機能の低下による残尿の増加と感染防御機構の減弱に起因する感染)、75歳以上の方の肺炎と続いております。肺炎の患者さんは高齢になるほど重症になる傾向があり、2週間以上の入院となることが多いです。肺炎のデータに関しては指標.「成人市中肺炎の重症度別患者数等」もご参照ください。4番目に多い敗血症は、肺炎や腎盂腎炎など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中に病原体が入り込み、重篤な全身症状を引き起こす病気です。5番目に多い症例は糖尿病で、血糖コントロールの教育入院・合併症検査の入院が主で、その結果に基づき最適な治療法を決定することが目的です。
 また、当院内科医はプライマリ・ケア認定医であり、総合診療の立場からも診察が可能です。当院は、一般病棟だけではなく、地域包括ケア病棟、医療療養病棟も有しているため、急性増悪期を過ぎた患者様でも病状によっては、それらの病棟での治療も可能です。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 63人 7.11日 6.18日 0.00% 0.00歳
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 11人 5.64日 6.03日 0.00% 1.73歳
030270xxxxxxxx 上気道炎 10人 4.40日 4.84日 0.00% 2.00歳
010230xx99x00x てんかん 10人 2.33日 6.32日 0.00% 4.11歳
040100xxxxx00x 喘息 10人 6.00日 6.32日 0.00% 5.67歳
 当院小児科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
 小児科では、妊娠期間短縮、低出産体重(出生時体重2,500g以上)に関連する障害が最も多く、低体重で生まれた新生児の経過観察や、新生児アシドーシス、内分泌疾患、感染症を有する母体より出生した児の検査が行われております。2番目に多い症例はインフルエンザ・ウイルス性肺炎となっております。3番目は上気道炎(風邪)、4番目はてんかんとなっており、小児けいれん等の精査を行っております。5番目は喘息となっております。
 ウイルス・細菌が原因となるもの、急性気管支炎、インフルエンザ等に関しましては、乳幼児から学童まで幅広く入院があります。小さいお子様たちにとって、感染症の予防と治療が重要であることがわかります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060210xx99000x 腸閉塞 16人 9.94日 8.98日 6.25% 73.94歳
080011xx99xxxx 急性膿皮症 15人 13.80日 11.73日 0.00% 62.93歳
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 単純乳房切除術(乳腺全摘術)等 15人 11.60日 10.15日 0.00% 68.93歳
060170xx02xxxx 閉塞、壊疽のない腹腔のヘルニア ヘルニア手術 腹壁瘢痕ヘルニア等 13人 10.54日 8.33日 0.00% 64.08歳
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除 12人 22.75日 15.61日 0.00% 75.83歳
 当院外科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
 本来の最も多い症例は、鼠径ヘルニア・手術ありの34人ですが、DPC入院対象外で短期滞在入院料3に該当するためこの指標からは除外となっております。そのため、指標上最も多い症例は、腸閉塞です(イレウスとも呼びます。腸管内容物が通過しなくなる病気で腹部膨満,嘔吐(おうと),腹痛,ガスや大便の排出停止などの症状を呈し,進行すれば脱水状態,ショック状態に陥ることもあります)。2番目は2症例ありまして、ひとつが急性膿皮症(蜂巣炎と言って、毛穴・汗腺・傷口・やけど・乾燥 肌・床ずれ・水虫・湿疹などから細菌が侵入し、皮膚の深いところまで炎症が広がる皮膚炎)、もうひとつが乳がん手術の患者様です。がんのデータに関しては指標、「初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数」もご参照ください。4番目に多い症例は腹壁(大腿、臍含む)瘢痕ヘルニアです(以前に腹部手術を受けた方の創部の一部が筋膜のレベルで裂けて、腹腔内臓器が腹膜をかぶったまま、皮下に腫瘤として出てくる状態です)。5番目も2症例ありまして、ひとつは大腸がん手術の患者様、もうひとつは虫垂炎(盲腸)手術の患者様です(指標未表示)。
 他にも胆石や、胃がん、肺がん手術の患者様も多数おります。現在は比較的簡単に検診を受けることができます。早期発見をするためにも定期的な検診をお勧めいたします。 このような形で多岐にわたった治療を行っております。
 また、当院は一般病棟だけではなく、地域包括ケア病棟、医療療養病棟も有しているため、急性増悪期を過ぎた患者様でも病状によっては、それらの病棟での治療が可能です。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 51人 24.45日 19.94日 13.73% 83.55歳
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 23人 40.74日 27.09日 34.78% 85.83歳
160760xx97xx1x 前腕の骨折 手術・副傷病あり 19人 6.00日 9.82日 0.00% 76.32歳
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア 10人 22.56日 8.83日 0.00% 68.44歳
071030xx99xxxx その他の筋骨格系・結合組織の疾患 10人 8.25日 9.88日 12.50% 74.88歳
 当院整形外科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
 最も多い症例は、胸椎、腰椎の圧迫骨折です。高齢や健康状態により経過観察となったものです。2番目に多い症例は、股関節大腿近位骨折で人工骨頭を挿入したり固定具を挿入(もしくは挿入した固定具を抜去)する手術をしたものです。3番目に多い症例が、前腕の骨折で手術を要した患者様、4番目に多いのは腰椎椎間板ヘルニアの患者様、5番目に多いのが腰痛症の患者様です。
 患者様の層として高齢者の患者様が多いためADL(日常生活動作)の向上を念頭に、当院の地域包括ケア病棟を活用、リハビリテーションに注力しているのが特色です。
産婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120140xxxxxxxx 流産 23人 1.13日 2.43日 0.00% 33.17歳
120260xx01xxxx 分娩の異常 子宮破裂手術等 12人 9.00日 9.67日 0.00% 29.67歳
120165xx99xxxx 妊娠合併症等
120170xx99x0xx 早産、切迫早産
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等
 当院産婦人科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
 自然分娩の入院が最も多いのですが、保険診療ではないので表示はされておりません。
 最も多い症例は流産、2番目が既往帝王切開(分娩の異常 子宮破裂手術等)、3番目が妊娠悪阻、4番目が切迫早産、5番目には2症例ありまして、初回の帝王切開(胎児及び胎児付属物の異常)、もうひとつは妊娠高血圧(未表示)となっております。
 当院は市内で唯一の分娩可能な医療機関であり、低リスクの周産期医療に関するものが多い傾向となっております。(10人以下は-表示となります)
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020200xx99x4xx 黄斑、後極変性 24人 2.00日 2.47日 0.00% 75.38歳
020250xx97xxxx 結膜の障害 手術あり
020350xx99x1xx 脈絡膜の疾患
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり片眼
020290xx97xxxx 涙器の疾患 手術あり
 当院眼科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。本来の最も多い症例は、白内障に対する手術の70人ですが、DPC入院対象外で短期滞在入院料3に該当するためこの指標からは除外となっております。(高齢化に伴い白内障手術の希望患者様が増えており2~5日の入院で受け付けております。)
 そのため指標上最も多い症例は、加齢性黄斑変性症となります。こちらも高齢化に伴い、治療適応の患者様が増えている疾患です。2番目は結膜弛緩症やぶどう膜炎の患者様、3番目は網膜静脈分枝閉塞症による黄斑浮腫(網膜の静脈が閉塞する(血管が詰まって血液が流れなくなる)病気でそれに伴う網膜浮腫(腫れ)が黄斑に及んだ状態)の患者様、4番目は硝子体の疾患で手術を施行した患者様、5番目は鼻涙管閉鎖症等の患者様となっております。(10人以下は-表示となります)
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 12人 4.75日 5.15日 0.00% 75.17歳
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎
030240xx01xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 扁桃周囲膿瘍切開術等
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 
 当院耳鼻咽喉科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
 最も多い症例は俗に言う“めまい”の患者様です。原因疾患の精査と薬物治療がメインとなります。2番目が慢性副鼻腔炎の患者様、3番目が扁桃周囲膿瘍、急性の扁桃炎で経過観察した患者様。4番目は扁桃周囲膿瘍、急性の扁桃炎で手術を施行した患者様、5番目は甲状腺癌による入院で手術を施行した患者様となっております。
 当院は耳鼻咽喉科で甲状腺専門外来を行っており、甲状腺疾患は今後増えていくものと推察されます。(10人以下は-表示となります)
神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010160xx99x10x パーキンソン病 手術・処置等2あり 31人 32.06日 20.55日 3.23% 79.23歳
010155xxxxx2xx 運動ニューロン疾患等 29人 16.76日 17.26日 0.00% 69.38歳
010160xx99x00x パーキンソン病 手術・処置等2なし 14人 27.00日 18.66日 0.00% 76.00歳
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 発症前Rankin Scale 0、1又は2 12人 14.50日 16.38日 8.33% 76.25歳
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 12人 17.42日 16.95日 0.00% 68.17歳
 当院神経内科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
 最も多い症例は、パーキンソン病でリハビリ治療およびSPECT(脳血流を放射線撮影する検査)を行うものです。SPECTを撮影することでパーキンソン病の原因となるドパミン神経の減少が目で見てわかるので、早期診断、早期からの治療開始に役立ちます。2番目が筋委縮性側索硬化症で注射治療を行うもの、3番目が、パーキンソン病でリハビリ治療を行うものです。、4番目が2症例ありまして、ひとつは比較的軽度な脳梗塞に脳保護剤の注射治療とリハビリ治療を行うもの、もうひとつはギラン・バレー症候群や慢性炎症性多発根神経炎等でガンマグロブリン注射治療とリハビリ治療を行うものです。
 リハビリテーションは脳梗塞の合併症、後遺症を防ぐために非常に重要となります。脳梗塞のデータに関しては指標.「脳梗塞のICD10別患者数等」もご参照ください。
 当院は一般病棟だけではなく、障害者病棟、医療療養病棟、地域包括ケア病棟も有しているため、パーキンソン病だけではなく、重症筋無力症や慢性炎症性脱髄性多発根神経炎等、いろいろな神経難病患者様も多く、リハビリテーションを中心に入院治療しております。
 また、脳梗塞の転院率が高い要因は、急性期医療を担う当院ではリハビリテーションがまだ必要であると判断した場合、回復期リハビリテーションを担う回復期病院・維持期を担う介護施設・療養型病院等と連携を図っており、転院率が比較的高いものとなっております。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 54人 30.43日 17.71日 9.26% 84.63歳
050050xx99130x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等11あり 手術・処置等23あり 34人 7.18日 5.91日 2.94% 72.85歳
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 28人 20.29日 11.21日 3.57% 85.50歳
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 22人 6.23日 4.62日 0.00% 73.68歳
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 17人 4.35日 3.03日 0.00% 73.88歳
 当院循環器内科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
 最も多い症例は、うっ血性心不全の症例、2番目が狭心症で心臓カテーテル検査および心筋シンチグラフィを施行したものとなっております。(心筋シンチグラフィ撮影で、心筋血流状態がわかり重症度を判定する)。3番目は完全房室ブロックや洞不全症候群でペースメーカーの移植術や交換術を施行したもの、4番目に多い症例は狭心症で、ステント留置術を施行したもの。5番目に多い症例が狭心症で、心臓カテーテル検査のみを施行したものとなっております。
 当院は一般病棟だけではなく、地域包括ケア病棟、医療療養病棟も有しているため、急性増悪期を過ぎた患者様でも病状によっては、それらの病棟での治療が可能です。
麻酔科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070350xx99xxxx 椎間板変性、ヘルニア
040200xx99x00x 気胸
070330xx99x0xx 脊椎感染(感染を含む。)
070343xx99x21x 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎
160690xx97xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。)
 当院麻酔科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
 最も多い症例が、胸腰椎の椎間板ヘルニアの患者様、2番目は気胸の患者様、3番目は腰椎化膿性脊椎炎の患者様、4番目は腰部脊柱管狭窄症の患者様、5番目に腰椎圧迫骨折で経皮的椎体形成術を施行した患者様となっております。
 麻酔科はペインクリニックを行っており入院・外来での神経ブロック注射の患者様が多いのが特徴です。
 また、当院は一般病棟だけではなく、地域包括ケア病棟、医療療養病棟も有しているため、急性増悪期を過ぎた患者様でも病状によっては、それらの病棟での治療が可能です。(10人以下は-表示となります)
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
06007xxx9907xx 膵臓、脾臓の腫瘍 手術・処置等27あり 81人 5.00日 6.31日 0.00% 70.54歳
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 59人 10.64日 10.61日 10.17% 79.36歳
06007xxx99040x 膵臓、脾臓の腫瘍 手術・処置等24あり 33人 5.12日 11.32日 0.00% 74.24歳
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 25人 11.68日 8.73日 0.00% 76.12歳
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法 20人 10.55日 8.47日 5.00% 76.25歳
 当院消化器内科入院における症例数の多い上位5つの診断群分類について、患者数・平均在院日数(入院期間)・転院率・平均年齢を示しており、どのような疾患を多く診療しているかを知ることができます。
 本来3番目に多い症例で、大腸ポリ-プ、内視鏡的結腸ポリープ粘膜切除術ありが33人なのですが、DPC入院対象外で短期滞在入院料3に該当するためこの指標からは除外となっております。
 最も多い症例が、膵臓がんで、化学療法(フルオロウラシル+レボホリナート+イリノテカン+オキサリプラチン)を施行した患者様。2番目が、胆管炎、胆管結石で内視鏡的胆道・膵管ステント留置や内視鏡的乳頭切開術、経皮的胆管ドレナージ等を施行した患者様。3番目が、膵臓がんで、化学療法(ゲムシタビンやフルオロウラシル+レボホリナート+イリノテカン)を施行した患者様。4番目が早期胃がんの内視鏡的手術を施行した患者様。5番目は肝細胞がんで、肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法を施行した患者様となっております。がんのデータに関しては指標、「初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数」もご参照ください。
 他にも、大腸・直腸や食道疾患等の患者様も多数おります。現在は比較的簡単に検診を受けることができますので、様々な疾患を早期発見をするためにも定期的な検診をお勧めいたします。 
 また、当院の特徴として、膵腫瘍での検査入院(EUS-FNA:超音波内視鏡下穿刺吸引生検法)があります。このEUS-FNAと呼ばれる検査は、地域では当院が主体となって行っているため、他院からの依頼が多いものとなっております。それもあって当科では、多くの膵臓がんの患者様が治療されています。
 当院は一般病棟だけではなく、地域包括ケア病棟、医療療養病棟も有しているため、急性増悪期を過ぎた患者様でも病状によっては、それらの病棟での治療が可能です。
 
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 33 6 18 13 6 7 1 第7版
大腸癌 11 9 25 24 5 33 1 第7版
乳癌 8 8 6 0 0 13 1 第7版
肺癌 1 1 0 0 1 2 1 第7版
肝癌 6 5 3 4 6 28 1 第7版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 5大癌とは日本で発症症例数が多いとされる胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん、のことを言います。UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病期分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)、N(領域リンパ節転移の有無と拡がり)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進行度と拡がりの程度を表すことができるように作られているのがStage(ステージ)分類です。Ⅰ期は癌が小さくとどまっている状態であり、Ⅳ期に近くなるほど癌が拡がっている状態となります。
 この指標では当院が平成29年度(平成29年4月から平成30年3月)において入院治療を行った5大癌のStage分類毎の延患者数を示しております。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 0人 0.00日 0.00歳
中等症 38人 15.53日 82.13歳
重症 10人 25.40日 88.40歳
超重症 1人 50.00日 64.00歳
不明 0人 0.00日 0.00歳
 市中肺炎とは、通常の社会生活を送っている中で罹患した肺炎のことを言います。重症度は「年齢」「脱水症状」「経皮的酸素飽和度・動脈血酸素分圧」「意識障害」「収縮期血圧」を基準によって評価し、その結果を合算したものになります。評価数値が高いほど重症となります。
 この指標では、当院で市中肺炎の治療を行いました患者様の人数、入院期間、平均年齢を重症度別に示しております。重症度が増すほど、平均在院日数(入院期間)が長くなる傾向にあります。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 52人 37.90日 78.33歳 23.73%
その他 7人 57.0日 81.57歳 0.00%
 脳梗塞とは、脳に栄養を与える動脈の閉塞、狭窄のため、脳虚血をきたし、脳組織が酸素不足、栄養不足のため壊死やそれに近い状態になることを言います。また、それに伴う諸症状も脳梗塞と呼ばれることもあります。
 この指標では、当院で脳梗塞治療を行った退院患者様の発症日の違い(3日以内かそれ以上)による人数、入院期間、罹患平均年齢、転院率を示しております。
 脳梗塞治療は、早期治療および、リハビリテーションが脳梗塞の合併症、後遺症を防ぐために非常に重要です。急性期医療を担う当院では、リハビリテーションがまだ必要であると判断した場合、病状によっては、一般病棟から地域包括ケア病棟、医療療養病棟に転棟しリハビリを継続して頂くこともあります。
 また、回復期リハビリテーションを担う回復期病院、維持期を担う介護施設、療養型病院等と連携しているため、転院率が比較的高いものとなっております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)
K688 内視鏡的胆道ステント
K654 内視鏡的消化管止血術
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む)
 当院内科での手術件数の多い上位4件について、患者数・平均術前日数・平均術後日数・転院率・平均年齢を示しており、どのような手術を多く実施しているかがわかります。
 最も多い手術が、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)、2番目は後の4症例で内視鏡的胆道ステント留置術(胆道疾患、膵臓疾患に対して行われるもので、様々な病態で狭窄した胆道にチューブを通して拡張、そこにステント(プラスチック製や金属製)を留置し胆汁や膵液の流れを良くする手術)、内視鏡的消化管止血術(主に胃からの出血をクリップや薬剤等様々な方法で止血する)、胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)(経口からの栄養摂取が何らかの影響で困難になった患者様に施行)、となっております。(10人以下は-表示となります)
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度)
 当院小児科での手術件数について、どのような手術を実施しているかがわかります。
平成29年度は、鼓膜切開術と新生児仮死蘇生術が施行されております。
(10人以下は-表示となります)
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈,静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他に設置した場合) 29人 6.96日 18.96日 4.00% 68.20歳
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 20人 1.10日 5.75日 0.00% 66.10歳
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 18人 1.00日 4.11日 0.00% 73.39歳
K4763 乳腺悪性腫瘍手術(乳房切除術(腋窩部郭清を伴わない)) 14人 1.07日 9.57日 0.00% 69.50歳
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 14人 4.07日 14.71日 0.00% 76.07歳
当院外科での手術件数の多い上位5件について、患者数・平均術前日数・平均術後日数・転院率・平均年齢を示しており、どのような手術を多く実施しているかがわかります。
 最も多い手術が、がん患者の化学療法を施行する際にその注入口となるポートを設置する抗悪性腫瘍剤動脈(静脈又は腹腔内持続注入用植込型カテーテル設置術)、2番目が胆のう結石症の患者様に施行することの多い腹腔鏡下胆嚢摘出術、3番目が鼠径ヘルニアの患者様に施行する腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術、4番目が2症例ありまして乳がんの患者様に施行する乳腺悪性腫瘍手術、もうひとつは結腸がんの患者様に施行する腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術となっております。
 上位5位に満たないまでも、虫垂切除術や、胃切除術、膵臓の切除術等も行っております。
 当院の外科に関し、手術件数の上位5手技を足しても外科手術全体の29%を占めるにすぎないのは、胃・肺・乳房・肝臓・膵臓等(胸部外科領域、消化器外科領域、一般外科領域)幅広く手術を施行していることを示しております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 20人 4.05日 38.21日 26.32% 86.63歳
K0462 骨折観血的手術(前腕,下腿,手舟状骨) 15人 2.60日 5.60日 0.00% 75.87歳
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 10人 1.00日 2.20日 0.00% 67.40際
K0811 人工骨頭挿入術(肩,股)
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝)
 当院整形外科での手術件数の多い上位5件について、患者数・平均術前日数・平均術後日数・転院率・平均年齢を示しており、どのような手術を多く実施しているかがわかります。
 最も多い手術は、上腕、大腿骨の骨折に対する手術、2番目は前腕、下腿の骨折に対する手術、3番目は前腕、下腿の骨折に対する手術後、固定具を骨折部位から抜去する抜釘術、4番目は人工骨頭挿入術(肩・股)、5番目は人工関節置換術(肩・股・膝)です。
ここにあげられている疾患は、加齢によるもの、骨粗鬆症の影響で発症することが多いため患者年齢層と比例傾向にあります。(10人以下は-表示となります)
産婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9091 流産手術(妊娠11週まで) 20人 0.00日 0.10日 0.00日 33.50歳
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 11人 1.09日 7.55日 9.09日 30.73歳
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開)
K902 胎盤用手剥離術
K909-2 子宮内容除去術(不全流産)
 当院産婦人科での手術件数の多い上位5件について、患者数・平均術前日数・平均術後日数・転院率・平均年齢を示しており、どのような手術を多く実施しているかがわかります。
 最も多い手術が流産手術、2番目が手術予定での帝王切開術、3番目が緊急の帝王切開術、4番目は胎盤用手剥離術(胎児娩出後30分以内に胎盤が娩出されない場合に施行)、5番目は”子宮内容除去術(不全流産)”となっております。
当院は市内で唯一の分娩可能な医療機関であるため、低リスクの周産期医療に関するものが多い傾向となっております。また、子宮全摘術や子宮内膜ポリープ切除等病状によっては当院でも施行しております。 (10人以下は-表示となります)
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 70人 0.34日 1.00日 2.86% 77.59歳
K2231 結膜嚢形成手術(部分形成)
K279 硝子体切除術
K2022 涙管チューブ挿入術(その他)
K269 虹彩整復・瞳孔形成術
 当院眼科での手術件数の多い上位5件について、患者数・平均術前日数・平均術後日数・転院率・平均年齢を示しており、どのような手術を多く実施しているかがわかります。
 最も多い手術が、白内障の患者様に対して行われる、水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)です。当院では、高齢化に伴い白内障手術の希望患者様が増えており2~5日の入院で受け付けております。2番目は主に結膜弛緩症におこなわれる結膜嚢形成手術、3番目は硝子体脱出の際行われる硝子体切除術、4番目は主に鼻涙管閉鎖症に行われる涙管チューブ挿入術、5番目は眼内レンズ偏位、瞳孔遮断等で行われる虹彩整復・瞳孔形成術となっております (10人以下は-表示となります)
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)
K368 扁桃周囲膿瘍切開術
K4611 甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ)
K3772 口蓋扁桃手術(摘出)
K319 鼓室形成手術
 当院耳鼻咽喉科での手術件数の多い上位5件について、患者数・平均術前日数・平均術後日数・転院率・平均年齢を示しており、どのような手術を多く実施しているかがわかります
 最も多い手術は、慢性副鼻腔炎で行われる内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術)、2番目が扁桃周囲膿瘍切開術、3番目は甲状腺腫瘍に対する甲状腺部分切除術、甲状腺腫摘出術(片葉のみ)、4番目が扁桃炎に行う口蓋扁桃手術(摘出)、5番目は主に穿孔性・真珠腫性中耳炎等難聴改善目的で行われる鼓室形成手術となっております。同じく5番目に甲状腺癌に対する”甲状腺悪性腫瘍手術(切除)手術”(未表示)もあります。当院は耳鼻咽喉科で甲状腺専門外来を行っており、甲状腺疾患は今後増えていくものと推察されます。 (10人以下は-表示となります)
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 26人 2.23日 3.81日 0.00% 72.54歳
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 22人 6.23日 19.09日 9.09% 83.64歳
K597-2 ペースメーカー交換術 11人 2.00日 14.73日 0.00% 88.09歳
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他)
K596 体外ペースメーキング術
 当院循環器内科での手術件数の多い上位5件について、患者数・平均術前日数・平均術後日数・転院率・平均年齢を示しており、どのような手術を多く実施しているかがわかります。
 最も多い手術は、主に虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)で行われる経皮的冠動脈ステント留置術という心臓カテーテル治療で、腕や大腿鼠径部から、カテーテルと呼ばれる細い管を心臓まで通し、冠動脈の狭窄や閉塞部分に対してバルーン(風船)やステント(網目状の金属製の筒)を用いて病変部分を拡張し治療する方法です。緊急で行う事もありますが、当院では予定手術が多く、比較的早く退院できる低侵襲の手術です。2番目は主に房室ブロックや洞不全症候群の患者様に対して行うペースメーカー移植術です。転院率が9.09%と高いのは、他院や、施設から依頼を受け、術後急性期を経た後、紹介元の病院へ戻すケースがあるためです。3番目は元々ペースメーカーが入っている患者様に行われるペースメーカー交換術、4番目は経皮的冠動脈形成術で主に虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)で行われるもので、バルーンカテーテルを冠動脈に挿入し、先端にあるバルーン(風船)を拡張して狭くなった冠動脈を拡げる手術です。経皮的冠動脈ステント留置術はこれも並行して行っている場合が殆どです。5番目は体外ペースメーキング術(心臓の収縮・拡張の機能が乱れ,不整脈や徐脈等が現れて薬剤投与をしても効果がない場合、体外から経静脈的に血管を通じてカテーテル電極を心筋に当てて電気的刺激を与える方式)となっております。(10人以下は-表示となります)
麻酔科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K142-4 経皮的椎体形成術
 当院麻酔科での手術件数について、患者数・平均術前日数・平均術後日数・転院率・平均年齢を示しており、どのような手術を実施しているかがわかります。もっとも多い手術(唯一行っている手術)は経皮的椎体形成術です。
 当院は地域の中核病院であり、70歳以上が62.5%以上を占める患者年齢構成となっております。そのような背景から、胸腰椎の圧迫骨折は、当院でも多い疾患となっております。 経皮的椎体形成術とは、胸腰椎の未治癒の圧迫骨折、治癒過程で偽関節を形成してしまった圧迫骨折に対し、椎体内に医療用骨セメントを充填することで固定、安定化し起坐、起立時に発生する骨性の疼痛を取り除く治療法です。レントゲン透視下に骨生検針を椎弓根経由で椎体内に穿刺し、滅菌済み医療用バリウム原末を混合した骨セメントを注入します。(10人以下は-表示となります)
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 59人 5.58日 13.41日 11.86日 78.73歳
K654 内視鏡的消化管止血術 36人 2.75日 12.42日 2.78日 74.11歳
K708-3 内視鏡的膵管ステント留置術 33人 2.08日 7.72日 8.33日 68.75歳
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 33人 2.00日 2.30日 0.00日 77.18歳
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 25人 1.04日 9.64日 0.00日 76.12歳
 当院での消化器内科の手術件数の多い上位5件について、患者数・平均術前日数・平均術後日数・転院率・平均年齢を示しており、どのような手術を多く実施しているかがわかります。
 最も多い手術は内視鏡的胆道ステント留置術です。これは胆道疾患、膵臓疾患に対して行われるもので、様々な病態で狭窄した胆道にチューブを通して拡張、そこにステント(プラスチック製や金属製)を留置し胆汁の流れを良くする手術です。2番目は内視鏡的消化管止血術で、吐血(口から血液を吐く)や下血(肛門から血液が出る)などの消化管出血を止めるために行うものです。3番目は内視鏡的膵管ステント留置術で、膵管の狭窄を伴う慢性膵炎に対しステントを留置、膵液流出障害を解除するものです。4番目は、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満)、5番目は内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層)で早期の胃がんを侵襲性の少ない内視鏡で切除するものです。
 また、6番目は血管塞栓術(選択的動脈化学塞栓術)、7番目は肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(2cmを超えるもの)(未表示)と、肝がんに対する手術が入っております。そういった意味でも当院消化器内科は、胃、大腸はもとより、膵臓、肝臓、胆管と幅広く診療をしていると言えます。 
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 2例 0.07%
異なる 5例 0.18%
180010 敗血症 同一 12例 0.42%
異なる 27例 0.96%
180035 その他の真菌感染症 同一 0例 0.00%
異なる 4例 0.14%
180040 手術・処置等の合併症 同一 31例 1.10%
異なる 1例 0.04%
 この指標は医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなり得ませんが少しでも改善すべきものとして、敗血症、播種性血管内凝固、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について、入院契機病名(入院するきっかけとなった病名)と同一か、異なっているかを区別して対症患者数と、発症率を示したものです。
 当然発症率の低い方が良いのですが、感染症に関しましては、免疫力が低下しているときに合併して発症することが多く、コントロールが非常に困難な症例といえます。入院契機と異なる症例が多いのは、西胆振地区における2次救急指定病院であるため、重篤な主疾患の合併症として発症しているケースが多いためです。
 また、大手術後血液の凝固に異常をきたす播種性血管内凝固や様々な感染症等から血液に病原菌が入り敗血症になることも避けられないケースがございます。
 手術・処置後の感染症については、術創部の感染や、出血、人工関節挿入後時間が経ってからの脱臼やゆるみ等がありました。
更新履歴
平成30年10月1日 病院情報の公表におけるデータを掲載