0142-23-2211 Japanese Red Cross Society
文字サイズ:標準 特大

認知症疾患医療センター

急速に進む高齢化社会の中でも特に介護者の負担が重くなる認知症患者に対する急性期治療における地域の中心医療機関となることと、地域の医療・福祉機関と連携し、患者様に最適な治療を施せるようコーディネイトする役割を担います。
また、認知症に関する個別相談などにも応じます。

相談窓口 医療相談室(西館1階)
専任専門医 第一精神神経科部長 早川 透
専従精神保健福祉士 医療社会事業司 海野 絵美
専任臨床心理士 村形 明日希

業務内容

  • 専門医療相談
    認知症に関する相談を電話または面談により精神保健福祉士または臨床心理士がお受けします。
    電話:代表 0142-23-2211(内線220)
  • 鑑別診断と治療方針の選定
    鑑別診断に必要な検査を行い、専門医の診察の上鑑別診断をいたします。その結果をご本人やご家族、かかりつけ医の先生にご報告するとともに、今後の治療方針について検討したします。
  • 合併症・周辺症状の急性期対応
    急性期の治療を必要とする患者様の対応及び専門医療機関へのご紹介をいたします。
  • 他医療機関との連携
    保健福祉サービス、在宅サービス、介護保険施設等の連絡調整、利用についての支援をいたします。
  • 研修会・連絡協議会の開催
    年2回を原則に、医療、保健、福祉、介護に関する研修会を企画いたします。また、関係機関との医療連携協議会を定期的に開催いたします。

投稿日:2018年10月29日 更新日:

Top

Copyright© 日本赤十字社 伊達赤十字病院|公式サイト , 2018 All Rights Reserved.