0142-23-2211 Japanese Red Cross Society
文字サイズ:標準 特大

院内がん登録

院内がん登録とは

院内がん登録は、当院で診断されたり、治療されたりしたすべての患者さんのがんについての情報を、診療科を問わず病院全体で集め、がん診療がどのように行われているかを明らかにするものです。

平成25年法律第111号がん登録等の推進に関する法律(平成28年1月1日施行)および院内がん登録の実施に係る指針(厚生労働省告示第470号)では、院内がん登録について、下記のように記載されています。

○がん登録等の推進に関する法律第44条第1項(平成25年法律第111号)(抜粋)
専門的ながん医療の提供を行う病院、その他の地域におけるがん医療の確保について重要な役割を担う病院の開設者及び管理者は、厚生労働大臣が定める指針に即して、院内がん登録を実施するよう努めるものとする。

○院内がん登録の実施に係る指針(厚生労働省告示第470号)(抜粋)
院内がん登録とは、「病院において、がん医療の状況を適確に把握するため、当該病院におけるがん患者について、全国がん登録情報よりも詳細な治療の状況を含む情報を収集し、院内がん登録データベースに記録し、及び保存することが望ましい。

当院は北海道がん診療連携指定病院として、上記法令等に基づいた登録を推進しております。

登録内容は、属性情報(住所・氏名等)、がん情報(部位・性状)、治療情報、予後情報から成り立っており、国立がん研究センターの実務者研修を修了し、認定試験を合格した専従の担当者が、同センターの標準登録様式や法令に基づき登録しております。

登録対象は、入院・外来を問わず、当院で初めて診断、治療された症例です。悪性新生物、上皮内がん、脳(良性腫瘍含)、中枢神経腫瘍(良性腫瘍含)の原発部位、消化管間質腫瘍、境界悪性卵巣腫瘍の一部等が対象となります。
1腫瘍1登録で、1月1日~12月31日の1年間ごと確定したがんが登録されます。

登録情報は院内のみならず、国立がん研究センター実施の院内がん登録全国集計へ情報提供を行い、国のがん対策に役立てられております。登録情報は、個人情報保護法並びに、日本赤十字社の個人情報の安全管理マニュアル、当院の個人情報保護規定を遵守し、厳重管理を徹底しております。

院内がん登録情報の詳細につきましては国立がんセンターのホームページをご覧下さい。http://ganjoho.jp/public /index.html(外部リンク)

Top

© 2021 日本赤十字社 伊達赤十字病院|公式サイト